ブログ

腰痛の原因1

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月13日

腰痛は男女ともに多い症状で、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み重なり構成されています。

腰痛の多くは、腰に負担がかかったり障害が起きることで発症します。

 

また原因が特定できるものはわずか15%程度といわれています。

 

代表的なものは椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、圧迫骨折などがありますが、その他にも内臓の疾患や細菌の感染、癌などが原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

 

残りの約85%は検査をしても原因が特定できないといわれています。

 

このような腰痛ではストレスや不安、生活習慣などが影響していることもあります。

また見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

 

実際、病院の検査でも原因が解らなかったと仰る方が多いです。

また椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離・すべり症の方も多いです。

 

ですが腰痛は治らないわけではありません、適切に調整を行えば、大半の方に良くなる、もしくは改善がみられます。

 

また慢性腰痛の大半が仙腸関節の調整で良い反応があり、腰仙関節の調整でも反応する場合が多くあります。

 

腰椎が過剰に動きすぎているようなケースも多く、頸椎や胸椎の拘縮、ハムストリング、腸腰筋、大腿筋膜張筋の緊張も多くみられます。

 

ハムストリングが異常に緊張しているような場合、緊張している箇所のストレッチだけでも改善する例もありますし、仙腸関節や腰仙関節の調整1回で改善する例もあります。

 

 

このように当院に来られる方々に関節の弾力を取り戻す調整、動きすぎている関節の調整やリハビリ、硬い筋肉や筋膜の調整、PNF整体を用いたリハビリを行うことで酷い腰痛でも良い結果が出ています。

 

慢性腰痛でお悩みの方、宜しければご相談ください

 

 

お得な情報配信しています。

症例のご紹介5

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月12日

6年ほど前からお越しいただいているSさん

過去4回交通事故に遭われ酷い状態で、睡眠中も痛みや頭痛で1時間おきに目が覚めていたそうです。

 

特に首が酷い状態で動かせるのですが、痛みが酷く頭痛は常にあり、腰痛や手足のしびれ背中の痛みも酷く、毎日辛くて仕方がない様でした。

手足や全身の可動域はそれほど悪くは無いのですが、腕を上げた状態で肩に痛みが出ました。首も反らすと痛みやしびれが強くなり、

頸椎や肩関節、脊椎の拘縮も酷いと想像がつきました。

 

背中の緩和操作を行い関節の状態の検査、調整を行っていきましたが、所々脊椎が拘縮しており脊椎の右側10番辺りから12番辺りまでは完全に癒着していると感じるほどに酷い状態でした。

 

とにかく全身が拘縮しており入念に関節調整を行いました。

 

頸椎と胸椎がとくに酷いため、様子を見ながら調整していきます。

とにかく軽く軽く調整を行いもみ返しが出ないように

 

月単位で変化が出て楽になっていくのを実感され、1年が経過した頃には頭痛も減り、睡眠も少し取れるようになり顔色や姿勢も良くなったように感じました。

3年が経過した頃にはさらに頭痛も減り、睡眠も普通にとれるようになったそうです。

 

現在は左足のしびれが少しと、起床時の頭痛が少しあるそうですが、ほぼ支障が無いほどに良くなっておられます。

 

 

 

 

症例のご紹介4

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月10日

2年ほど前から来られている男性のSさん

デスクワークが大半で年々肩こりや首のコリ、背中の痛み(背部痛)腰痛も酷くなっていたそうです。

以前からマッサージや整体には良く行かれたそうですが、酷いコリや痛みは治まっていませんでした。

 

 

頸椎1番から~3番が特に酷く肩や背中のコリも相当なもので、辛い毎日を過ごされていたことは想像がつきます。

 

まずはうつ伏せで、肩や背中のコリをとるため関節の緩和操作から入り、仰向けで手足の関節や筋膜を調整、その次は頸椎を丁寧に調整しました。特に1番~3番は丁寧に拘縮をとり、その上の頭と1番の間(OCC1)の拘縮も丁寧にアプローチしました。

 

背中の拘縮をとるために肋骨と背骨の間(肋椎関節)も丁寧に施術をして背骨を調整しました。

 

仙腸関節の調整のあと立位で動きをチェック、良くなってはいましたが背中の痛みは残っており、試しに腰仙関節を調整、

もういちど立位でチェックしたところ背中の痛みは消えました。

 

その後は良くなっては少し戻るを繰り返していましたが、半年が過ぎた頃には、酷かった首や肩のコリは殆ど治まっていました。

2年経過した現在、背中の痛みは時々出るものの、首や肩こり腰痛は治まり快適な毎日を過ごされています。

 

 

 

 

 

 

 

症例のご紹介3 

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月08日

最近1~2週間に1度のペースでお越しいただいている男性のKさん

当初は左足首の内側の痛みでお越しになられたのですが、腰痛や背中の痛みもありました。

 

足首の内側は昔の捻挫の影響なのか、距腿関節、距骨下関節、甲の関節【リスフラン関節、ショパール関節】にも拘縮がありました。

痛みの出ている足は左なのですが、右足の甲や距腿関節も拘縮しており、足首の動きが悪くアキレス腱やハムストリングも拘縮があります。

おそらく左足の痛みをかばうあまり、右側にも負担が掛かり右足首にも痛みが出たものと思われます。

腰痛は左仙腸関節の上部が拘縮しており。仙腸関節の調整も行いました。

 

お越しいただいた当初は左足首の痛みが強かったため、左足首を重点的に関節ニュートラル整体MT法(関節調整)PNF整体(リハビリ)、その他の堅い個所もしっかりと関節調整を行いました。

 

数回お越しいただいてからは、痛みも軽くなり趣味の自転車も再開され快適に過ごされています。

 

まだ腰や足首の痛みも出るのですが、以前ほどの痛みは無くなっているようです。

桐生祥秀選手 日本人初の9秒台 室伏広治氏トレーニング法

  • 症例のご紹介
  • 2017年11月30日

 

日本人初の9秒台(9秒98)を出した桐生選手、アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏から、様々なトレーニングや指導を通して強化を図っていたそうです。

 

室伏氏はスポーツマンの身体メカニズムを研究する「学者」としての顔を持つアスリートですので、そのトレーニング内容は説得力があります。

特に普段の筋トレでは鍛えにくい【細かい筋肉】の強化や身体のバランスを整える事を目的として桐生祥秀選手にトレーニング指導を行っているようです。

 

TVで放送された映像にはチューブや筋膜を整える道具が写っていました。

 

とくに室伏氏が重要視されていることの1つに(身体を効率よく使う)、ということを述べていましたが、とくに重要と言っていたのが(足の甲の柔軟性)です。

甲の柔軟性と言われても、解りずらいと思いますが、甲には細かい骨がいくつも並んでおり、骨と骨の間(つまり関節)が靭帯などの組織でつながっています。
また甲が硬い場合 足首や膝、その他の箇所に過剰に負担が掛かり(怪我やパフォーマンスの低下につながる)と考えられています。

実際に当院でも膝や腰、股関節、足の裏(足底腱膜炎)などの痛みでお越しになられる大半の方に(足の甲の拘縮)がみられます。
この様な状態を放置しておくと甲だけではなく、ハムストリング、アキレス腱、大腿筋膜張筋などに拘縮が拡がってしまいます。

 

またこの様な状態が続くと故障しやすく、怪我もなかなか治らないばかりか他の場所も痛めてしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

当院ではこの様な甲の拘縮だけではなく、全身の関節や筋肉、筋膜のバランスなども調整いたします。

長年の痛みやパフォーマンスアップのためのケアもお任せください

お問い合わせ

「ご予約・お問い合わせはこちら」

【施術時間】8:00~20:00 【定休日】日曜・月曜・祝日