ブログ

『動画』慢性の腰痛でお悩みの方へ 解消法をお伝えします!

  • FAQ(良くある質問)
  • 2020年03月20日

『動画』慢性の腰痛でお悩みの方へ 解消法をお伝えします!

○40代 女性の工場勤務の方からお悩み相談を頂いきました。
・長年の腰痛を治したい 寝起きが辛いです。良い整体院ありますか?

・考えられるケースをお話ししたいと思います。
寝起きが辛く、仕事中はマシなようですので、おそらく筋肉や腱、筋膜の損傷では無く、関節の不具合からくる腰痛だと思います。後程説明いたします。

①筋肉や腱、筋膜が切れて痛む腰痛の場合

このような腰痛の場合は、少し体を丸める様な、動作をしただけでも痛いです。なぜなら切れている箇所の、傷口が開くからです。
このようなケースで実際は、ほんのわずかに傷が開く程度だと思いますが、ズキッと痛みます。
・例えば包丁などで、指をケガした場合を考えて頂くと、分かりやすいと思いますが、ケガをした箇所を少し拡げてみてください、ほんのわずかでもズキズキと、痛むことが分かるかと思います。

・このような腰痛の場合は、少しでも腰に掛かる負担を減らし損傷個所の治癒、すなわち回復を助けてあげる必要があります。
具体的にはハムストリングや臀部、そのほかアキレス腱や股関節の前(腸骨筋)などのストレッチが重要です。ですので毎日今述べました場所を、しっかりとストレッチを行うことが重要です。

②関節の損傷(腰椎や腰仙関節、仙腸関節の損傷)で痛む場合

このような腰痛の場合は、先ほどのケースよりも、割と体は動かせます。ですが、ある程度まで深く動かすと強くなります。なぜそのような痛みの出方になるのか説明しますと、たとえば前屈をするとします。するとまずは筋肉の表面の筋膜が引っ張られるために、そこに損傷がある場合、少し動かそうとしただけで痛みます。また、筋肉や腱に損傷がある場合も、少し動かしただけで痛みます。ですが関節周辺の組織の損傷の場合は、筋肉に守られていますので、ある程度動かせることが多いです。

また関節の損傷で硬く縮こまった状態になっている場合もあります。(拘縮といいます)逆に靭帯や組織が引き伸ばされて、グラグラになっている場合もあります。どちらのケースも運動は必要であり効果的です。

・最近は腰痛の原因は心理的なものだと良く聞きます。ですが今上げたような腰痛も間違いなく存在します。例を挙げますと運動などで肉離れは良く起こります。肉離れは筋肉の損傷です。このような損傷が腰には起こらないと言えますか?、それは言えないと思います。肉離れほど酷くはなくても損傷は普通に起こります。また足首の捻挫は一般的に知られていますが、腰椎や腰仙関節、仙腸関節の捻挫はあまり一般的に知られてはいないとおもいます。ですが腰椎の捻挫も普通に起こります。

・このような腰痛の場合は先ほど述べました箇所のストレッチに加えて、運動を行う必要があります。具体的には体幹の筋肉、とくに腸腰筋や腹筋廻り、大腿四頭筋のトレーニングが大事です。なぜなら身体の中心をがっちり支えて過剰に腰椎などに負担を掛けないようにするためです。ですが腰痛の酷い方はトレーニングを行うことに工夫が必要です。まずはハムストリングなどのストレッチを、しっかり行って腰にかかる負担を減らし、それからスクワットや足をまげて軽い腹筋を行うなどしてください。とくに足を挙げるレッグレイズという運動は、腸腰筋という腰をがっしりとサポートする大事なトレーニングです。ですがこれも、腰痛の方は足を曲げて、あまり上げ下げを行わないでやるなど、工夫をして行ってください。

●解決法まとめ

筋膜や筋肉、腱の損傷、もしくは腰椎や腰仙関節、仙腸関節の損傷による機能不全かもしれませんので

・まずはハムストリングや全身のストレッチを行って、体幹などの筋トレをしっかり行ってみてください 楽になってくるようであれば、そのまま続けてください

もしそれでも改善しない場合は当院にお越しください。痛みの原因を特定し、根本から解決のお手伝いをします。効果的なストレッチや筋トレは、概要欄に貼ってありますので、そちらをご覧ください。

遠くて来れない方はオススメ治療院を記載してあります。詳しくは動画説明欄をご覧ください。

慢性痛を改善するには!

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月24日

腰痛や肩こり、膝などの慢性痛を改善するには運動療法が効果的です。

運動療法には他動運動と自動運動があります。

他動運動とは文字通り、他人が動かす運動、すなわち施術者に運動を行ってもらい主に関節の硬くなっている所にアプローチする運動で、手伝ってもらうことを差します。

自動運動とは、ご自分で運動療法を行うことを差します。

また慢性痛を改善する為には、細部の調整から徐々に全体の調整を行う必要があります。

なぜなら細部の動きが硬いために、全体の動きがおかしくなっている場合、いきなり全体の動きを改善しようとリハビリなどを行っても、正しい動きは出来ないからです。

ですから先ずは細部の調整、硬くなっている所を重点的に施術いたします。そして全体を行っていきます。

例えば肩こりの方で、肩の関節が硬く右手が少し上げにくい場合、右の肩関節や肩甲骨の動きが硬くなっています。

ですので先ずは、肩関節や肩甲骨の硬くなっている所を、重点的に施術いたします。

良くなってきたら、体全体の連動した動きを取り戻すように施術していきます。

角療術院では、様々な慢性痛に対するケアを行っております。

宜しければ、ご相談下さい✨

腱鞘炎は治るの?

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月22日

当院のお客様で意外と多い腱鞘炎

腱鞘炎も酷くなると完治がむずかしくなります。

多くの場合、親指の付け根あたりや周辺が痛くなるようです。

手の使いすぎや、不自然な使い方を続けることで発症しやすくなります。

普段から正しい姿勢や、使い方を心がけしましょう。

使いすぎも禁物です。

慢性化している方の対処の方法ですが、ご自分で調整するのは難しいです。

当院では硬くなった手根列の関節、手指の関節、手首の関節を丁寧に調整を行い拘縮を取り除きます。

ほとんどの場合、数回の施術で改善致しております。

ご相談下さい✨

靱帯の損傷 羽生結弦選手が練習で  

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月20日

フィギュアスケートの羽生結弦選手が練習でジャンプを着氷した際、右足を負傷「右足関節外側靱帯損傷」されました。

いわゆる捻挫ですが、骨と腱も炎症を起こしているようで、かなり酷いようです。

 

捻挫は良くある怪我ですが、重度の場合治療が難しく慎重にケアをしなければなりません、炎症が酷い場合、しばらくは安静にしなければなりませんが、あまり安静にしすぎても足首周辺の拘縮が酷くなり回復が遅れるばかりか、後遺症が残る場合もあります。

 

当院のお客様にも捻挫の方がおられますが、月日が経っている場合、大変な労力がかかることもあります。

 

軽度の場合3週間以内で回復いたしますが、重度の場合はそうはいきません、小学生の頃に捻挫をされ、20年以上痛みが残っている方もおられます。

 

では具体的にどの様に回復させるのか、まずは足首周辺の関節の拘縮をチェックします。

 

捻挫の場合、外側の靭帯を損傷しているケースが多く、また長期間かばい生活していたために、甲や周辺の関節【距腿関節、遠位脛腓関節、楔状骨の周辺、リスフラン関節、ショパール関節、中足骨の間】に拘縮がみられますので、拘縮のある関節を、丁寧に調整いたします。

 

アキレス腱やハムストリングが硬い場合はストレッチも重要です。

硬いままにしておくと、治らないばかりか他の場所まで影響するからです。

 

足首に痛みがない方でも足首周辺の拘縮が見られるケースは多く、この様な状態を放っておくと、腰痛や股関節、膝の痛み、肩の痛みにまで拡がるケースもみられます。

 

 

 

 

 

 

腰痛に効くストレッチ1

  • 症例のご紹介
  • 2017年12月16日

腰痛は様々なタイプがあります。

 

簡単に分けると腰椎の捻挫(主に腰仙関節、仙腸関節)、腰周辺の筋膜や筋肉の損傷、腰椎のすべり症や靭帯などの組織の異常で神経や血管が圧迫され痛みが起こります。

 

腰仙関節、仙腸関節が過剰に動きすぎている様なケースでは注意が必要ですが、どのタイプの腰痛でも効果が期待できるやり方があります。

 

簡単に全てを説明するのは難しいのですが、ご紹介していきたいと思います。

 

まずは腰痛がある場合、腰椎や腰仙関節、仙腸関節に負担かけないように行わなければなりません

なぜならいきなり負担をかけてしまうと、痛みが強くなり悪化することもある為です。

 

腰痛は下肢の筋肉の柔軟性、ハムストリングや大腿筋膜張筋、臀部の筋肉、腸腰筋、アキレス腱などが深く関係しています。

これらの筋肉を入念に、腰を捩じったり反ったりせずに行うことが重要です。

 硬い所は入念に行って下さい

 

 

お問い合わせ

「ご予約・お問い合わせはこちら」

【施術時間】8:00~20:00 【定休日】日曜・月曜・祝日