ブログ

関節を鳴らすのは良くない!

  • FAQ(良くある質問)
  • 2020年02月13日

全身に206の関節があります。

この関節のたとえ一部でも不具合が生じると痛みや不調を引き起こすことがあります。不調は突然やってくることも多いので、早めのケアが大切です。

話は変わりますが不調が続くと皆さんはどうされますか?

整体に行かれる方も多いでしょうし、ご自分で筋トレやストレッチなどをされる方も多いでしょう。正しくケアをされていれば問題ありませんが、絶対やってはいけないことがあります。

それは関節を鳴らす行為です。とくに首や腰の不調が続くと違和感を感じて、首や腰をねじって関節を鳴らす方がおられます。この関節を鳴らす音のことをクラッキング音と言いますが音がなるさいに関節の中に含まれる液体に気泡がしょうじ、その気泡が破裂するときに音がなります。この音のことをクラッキング音と言います。

またこれを繰り返すと関節の炎症や損傷のリスクもあるようです。

関節を鳴らすのは良くない(元芸人ホリ先生の動画です)
https://youtu.be/TJatzswVRcQ

角療術院では関節を鳴らさない関節調整、および運動療法を用いています。

不調でお悩みの方、ご相談ください。

角療術院では関節を鳴らさない関節調整、および運動療法を用いています。

不調でお悩みの方、ご相談ください。

腰痛を改善するためには

  • FAQ(良くある質問)
  • 2020年02月06日

自分自身の体験を書きたいと思います。若い頃に仕事で腰を痛めたのですが、痛みをかばい仕事を続けるうちに足のしびれが酷くなり立っているのも辛くなりました。

それからさまざまな方法を試しました。整体にも通いました。その中で一番効果があったのは関節ニュートラル整体でした。関節の調整は痛みも減ったし身体全体が軽くなり、だんだんと痛みは減っていきました。

ですが関節の調整だけでも十分ではなくストッレチも必要です。ハムストリング(太ももの裏の筋肉)のストッレチがとくに効果がありました。この部分をストレッチすることでも少し楽になりました。さぼるとやはりまた辛くなってきます。

だいぶ楽になったしもう大丈夫かなと思って無理をするとまた痛くなって、同じことを繰り返していたのですが、それではいけないと思い、時々関節ニュートラル整体を受け、自分でもストレッチを毎日行いました。

楽になってくると気付くこともあるのですが、ストレッチのやり方や強さの加減も大事でポイントは骨盤をあまり動かさないようにやることが大事です。なぜなら腰痛の方は骨盤を動かしすぎると腰に負担がかかり痛くなるからです。

ですが私の場合、ハムストリングが良くなってくると、背中や肩のコリが気になって全身のストレッチも大事だと気が付きました。やはり全身をストレッチすると楽になります。硬い部分をしっかり行いアンバランスを改善するように行ってください。

もう一つ大事なことは筋トレです。筋トレと言っても軽くで大丈夫です。軽い負荷でも筋肉はついてきますし、筋肉の質も良くなり、関節のリハビリにもなります。とくに腹筋、スクワット、背筋、腕立て伏せ、は大事です。私自身この4つの運動はあまり好きではなかったのですが、やると楽になるのがわかります。

これもやり方や回数を適度に行うことが必要です。腹筋は足をまげて膝を立てた状態でおへそを見る程度にあげる、スクワットもあまり形にこだわらず行っても良いと思います。背筋は痛みの強い方は無理にしない方が良いと思います。出来るようになってきたら様子をみて行ってください。腕立て伏せは膝をついて行ってもいいですし、立った状態で壁で行ってもいいと思います。

回数は少なくても毎日行うことが大事です。1日5回~10回程度でも効果あります。出来るようになってきたら少し回数を増やしていってください

お越しくださった方には効果的なストレッチ方法を無料でお伝えします。お知りになりたい方は遠慮なく仰ってください(^^)※時間のないときは無理な場合もあります。

お問い合わせ

「ご予約・お問い合わせはこちら」

【施術時間】8:00~20:00 【定休日】日曜・月曜・祝日